【糖尿病】心臓の合併症は?狭心症や心筋梗塞について

糖尿病の合併症

糖尿病になると様々な合併症を起こす可能性があります。心臓にも影響を与えることになりますので、できるだけ早く対応することが大切!ここでは、糖尿病の合併症についてご紹介します。

スポンサーリンク

糖尿病による心臓の合併症は?

糖尿病 合併症

糖尿病によって、血液循環が悪化して動脈硬化が起こります。動脈は体全体にあり、心臓にある血管が詰まったり狭くなることで【狭心症】や【心筋梗塞】を引き起こすことになります。

ただし、糖尿病になったから必ず合併症が起こるわけではありません。初期症状のうちに対応しておけば、心臓などに合併症が起こる可能性を低くすることができます。

糖尿病の合併症を予防するために

隠れ糖尿病

糖尿病の症状を抑えるためには、食事の改善が必須です。適切な量を守り、飲酒を控えて喫煙をしないことで悪化を防ぐことが可能です。

血圧を安定させることも必要ですが、適度に運動して薬も毎日決まった量を飲み続けることで一般的な生活を送れます。もちろん、定期的に病院に行き検査を受けて、合併症などが起きていないか医師に確認してもらうことも忘れてはいけません。

糖尿病

糖尿病になると、心臓の合併症が起きる可能性が高いです。そのまま放置せずに血糖値が高くなったら下げる努力を始めるとよいです。血糖値を上げすぎないようにすれば、動脈硬化が起こりにくくなるので心臓の合併症のリスクを下げることができます。

現在は、食生活の変化により誰でも糖尿病になる可能性があり知らず知らずのうちに、心臓に負担をかけていることも多いです。日頃から 食事に気をつけて、できるだけ定期的に調べてもらうようにしましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加