【糖尿病】女性に多い発症する原因は?

糖尿病

糖尿病は誰にでもなってしまう可能性のある病気ですが、原因は肝臓の働きが弱くなることであったり、血管に脂肪がついてしまう、脂肪細胞が多いとなりやすいといわれています。ここでは、女性が糖尿病になる原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

女性が糖尿病になる原因は?

糖尿病の原因

女性に発症してしまう糖尿病の原因として更年期障害が上げられます。更年期障害は卵巣の動きが弱くなることで、エストロゲンという女性ホルモンの量が少なくなりホルモンバランスが乱れることで起こる症状ですが、このエストロゲンの量が減ることによって糖尿病になってしまう可能性もあるのです。

エストロゲンは肝臓へ悪玉コレステロールが取り込まれる量を増やしてあげるという働きがありますが、更年期によってエストロゲンが減ってしまうことによって肝臓は脂肪を溜め込みやすくなり、脂肪によって肝臓の働きが弱くなることで糖尿病に繋がることが考えられます。

糖尿病の改善方法について

糖尿病

糖尿病を改善するためには、更年期障害が原因である場合にはホルモン治療によって改善することのできるケースもあります。女性ホルモンによる糖尿病ということも考えられますが、低血糖でバランスのとれた食事治療やウォーキングや水泳などの運動療法を基本とした血糖コントロールが重要となってきます。

毎日の血糖管理に加えて、基礎体温も日々記録していくことで体調チェックをしていくことができます。早期に体調の変化に気づき対処していくためにも、普段から基礎体温や血糖管理をしていくことを習慣付けることが、自分の健康を守るためには重要なこととなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加