【糖尿病】診断基準は?血糖や数値について

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用が不十分なため、血糖値が高くなっている状態のことです。初期には自覚症状はありませんが、放置すると全身にさまざまな悪影響が出てきます。

進行すると多飲・多尿、体重減少、易疲労などがあらわれ、さらに進行すると血管病変のため、網膜症や腎不全、神経障害があらわれます。この3つは「3大合併症」ともいわれ、特に注意が必要です。

スポンサーリンク

糖尿病の診断基準とは?

糖尿病の診断基準

糖尿病の疑いがある場合は 病院で薬物治療により血糖をコントロールして、合併症の進行を抑えるようにしなければなりません。合併症予防のためには運動や食生活の改善などが重要となってきますが、血液検査によって判断される糖尿病診断基準は次のように定義されています。

診断基準の血糖や数値について

糖尿病

診断基準の血糖や数値としては、HbA1c(ヘモグロビンA1c)が6.5%以上であることに加え、早朝空腹時血糖値126mg/dL、75g経口ブドウ糖負荷試験200mg/dL、随時血糖値200mg/dLのいずれかの数値を満たすと糖尿病と診断されます。また、空腹時血糖値が110mg/dL未満で、食後2時間血糖値が140mg/dL未満であれば、正常型と判定されます。

糖尿病診断基準の数値を越えないように、また糖尿病に進行しないように生活習慣の改善などをこころがけたいところです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加